皮下脂肪を減らす方法ドットコムTOP > 皮下脂肪を落とすには? > 皮下脂肪をマッサージで落とせるの?

皮下脂肪をマッサージで落とすことは可能か?

皮下脂肪をマッサージで落とすことは、可能なのでしょうか?

よくエステティックサロンなんかで、マッサージすることによって脂肪を減らす方法が行われていますよね?あれって、本当に皮下脂肪が落ちているのでしょうか?痩身エステは、非常に高額ですし、よく考慮したいものです。

結論から言うと、皮下脂肪をマッサージによって減らすことは出来ないといわれています。脂肪というのは脳からの交感神経系の指令を受けて、はじめて脂肪分解酵素のリパーゼが活性化します。それによって脂肪が分解されるわけです。つまりリパーゼの活性化なくして、脂肪の分解はありえない、ということですね。

外部からの刺激によって、脂肪分解酵素のリパーゼは脂肪の分解を始めません。脳からの指令によってのみ動くからです。つまり内発的なシステムによって、脂肪は分解するけれど、外部からの他人の働きかけによって分解しないということです。

皮下脂肪をマッサージで分解できないことは、わかったけど、痩身エステなどをすると、手足が細くなったような気がするんだけど?という女性がいるかもしれませんね。それは滞っていたリンパの流れがスムーズになるからです。そのため、一時的にむくみが解消されて、スリムな体型になったように見えるのです。まさにエステマジックですね。

しかもエステでは室内に工夫がされていて、室温を高めに設定しているそうです。そのことによって体の表面から水分が蒸発していきます。そのため痩身エステの後の体重計測では、施術前よりも減量できているわけです。でもこれは水分が単に出て行っただけですから、水分を摂取すれば、又元に戻ります。

皮下脂肪をマッサージによって解消できないのですから、セルライトを解消する施術とかセルライト除去クリームなども疑わしいものです。じつはセルライトは医学用語ではなく、エステやダイエット業界でのみ流通している造語です。つまりダイエットの商品を売るために(集客するために)、作られたわけです。

セルライトは、たんに肥大化した脂肪細胞なだけです。脂肪細胞が大きくなると、不ぞろいになり、はちきれんばかりになるので、外部から見るとオレンジの皮のようになるのです。ですから、普通にダイエットして皮下脂肪を減らすことによって、しぜんとセルライトは解消されていきます。セルライトを特別視する意味はまったくないのです。

皮下脂肪をマッサージで落とすことはできないと書きましたが、そのあとに有酸素運動をすれば話は別です。マッサージすることで、とくにその部分の脂肪細胞が活性化され、熱を帯びてきます。そのあとにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすれば、とくに落としたい脂肪を減らして、部分痩せできると推測しています。

ただし全身をまんべんなくマッサージしてしまうと、全身が同じように活性化してしまいます。これでは全身の脂肪が均等に減ることに。そうではなく、もし太ももの脂肪を減らしたいのなら、太ももだけをマッサージするわけです。その直後にウォーキングで脂肪を燃焼すれば、太ももの脂肪が優先的に減っていく可能性があります。これは二の腕や背中、お腹、ふくらはぎ、脇の下、ウエスト、ヒップなどでも同様です。

皮下脂肪をマッサージするだけではなく、気になる部分を筋トレしたり、湯たんぽで温めてから有酸素運動を行えば、さらに効果的だと思われます。