皮下脂肪を減らす方法ドットコムTOP > 皮下脂肪を落とすには? > ダイエットの食事時間っていつ?

ダイエットの食事時間を工夫する

ダイエットの食事時間について解説します。

皮下脂肪を減らすダイエットにおいては、食べる量や食べる内容も大切です。でも、それと同じくらいに、ひょっとしたらそれ以上に大切なのがダイエットの食事時間です。

1日のリズムのなかでは、太りやすい時間帯と太りにくい時間帯というものがあります。どうせなら太りやすい時間帯は食べずに、太りにくい時間に食べるようにしたほうがいいですよね?

ただしこれはその人個人の概日リズムによって違ってくるので、一概にこの時間帯がそうだ、とは断定できません。たとえば夜間は太りやすいダイエットの食事時間といわれています。でも夜勤の人とか、夜型の人にとっては、これは当てはまりません。要は睡眠・覚醒リズムがどうかということですね。

夜が太りやすいダイエットの食事時間ということではなく、睡眠の数時間前の食事は太りやすいということです。睡眠を起点に考えるわけですね。

人は睡眠中はずっと副交感神経が優位に働いていますが、起床とともに交感神経に切り替わっていきます。そして徐々に体温も上昇し、夕方に最高体温を迎えます。そのあと徐々に体温も下がり、副交感神経に切り替わっていき、眠りのモードに移行するという流れになります。

こういった朝型の生活リズムの場合、太りにくいダイエットの食事時間は、朝から夕方前までです。朝は交感神経に切り替えるためにも、しっかりと朝食を摂るべきです。朝食を摂ることによって、DITが発生するので、体温も上昇します。

朝食抜きダイエットというやり方がありますが、これはダイエットの食事時間を考えると、非常にもったいないです。なぜなら朝は太りにくい時間帯だからですね。朝を我慢すると、太りやすい夜間のドカ食いを招くことになり、それこそ肥満の元になります。

昼も太りづらいダイエットの食事時間です。朝に脂っこいものは、なかなか食べれませんから、昼食にもってくるのがいいと思います。普通は夕食がメインディッシュですが、昼食にもってきたほうが太りにくくなります。

じつは午後3時はもっとも太りにくい時間帯といわれています。これはBMAL1(ビーマルワン)という物質がかかわっています。これは体内時計を調整する役割があるのですが、この物質が多く分泌されると、脂肪を蓄えやすくなるといわれています。そして昼の3時はBMAL1がもっとも少ないのです。

ですから昼の3時に食べるおやつは、もっとも皮下脂肪になりづらいということですね。いままで洋菓子やケーキを我慢していた女性は、ストレス解消も兼ねて食べましょう。食べ過ぎさえしなければ太ることはありません。もし心配なら、カテキンが含まれている緑茶と一緒に食べればよいのです。

逆にBMAL1の分泌量がもっとも多い時間帯は、夜の10時から夜中の2時ごろといわれています。この時間帯は朝型の場合、寝る直前にあたるので、その意味でも太りがちになります。1日のなかで、もっとも太りやすいダイエットの食事時間になります。

夕食時は、徐々に副交感神経に切り替わってきています。副交感神経はカロリーを吸収する作用が強いため、夕食は脂肪を蓄積しやすくなります。食物繊維の多い野菜を多く摂って、脂肪や糖質の吸収を抑制するといいでしょう。

睡眠前の3〜4時間も、太りやすいダイエットの時間帯です。このときは眠る準備を始める時簡帯であり、このときに食べると胃の中に食べ物が入ったまま寝入ることに。そうなると胃腸が休まらないので、深い眠りの妨げになってしまいます。

深い眠りが取れないと、成長ホルモンという脂肪を分解してくれる物質が少なくなります。これは寝初めのノンレム睡眠時に、深い眠りに比例して多くなるのです。

結局、太りやすいダイエットの食事時間は、夜間であり、とくに寝る直前には注意したほうがよいといえるでしょう。ただし、これは前述したように、その人の体内リズムによって違うので、夜勤の人や夜型リズムの人は、自分の就寝時間から逆算して考えるようにしましょう。