皮下脂肪を減らす方法ドットコム

皮下脂肪を減らす方法ドットコムでは、なかなかダイエットで結果が出ないという女性や、何度もリバウンドしてきた女性に参考にしていただくために開設しました。

皮下脂肪を減らすことは、女性がダイエットを始める際の大きな動機であることが多いですよね。もちろんなかには、女性でも内臓脂肪を減らしたいと考えている人がいるかもしれません。しかし、女性の場合、胎児を養う理由から、お腹にはスペースを空けておかなければならず、内臓脂肪はたまりづらいという特徴があります。

それよりも多くの女性が関心を持っているのは、皮下脂肪を減らす方法です。おなかで言えば、腹筋の内側の内臓脂肪ではなく、腹筋の外側の「指でつまめる部分」ですね。そのほか二の腕のたるみ、背中や脇の余計な贅肉、ウエスト部分の脂肪、ヒップ(お尻)についた沢山の脂肪細胞。それとかセルライトまで出来るほどの太ももの贅肉・・・。

こういった皮下脂肪を減らすために、通常の女性は食事量を減らそうとします。運動で痩せようとしても、その消費カロリーは微々たることを知っているからですね。あるいは、運動は面倒だから、食事制限だけでダイエットしようと考えていたりするわけです。

皮下脂肪を減らす方法として、過激な食事制限を選んでしまうと、思ったように脂肪が減らなくなります。人間の体はそんなに単純には出来ていないからです。このアプローチは、就寝時に一生懸命寝入ろうとする努力に似ています。寝ようと焦るほど、血圧や血糖値、心拍数が上昇し、ますます眠れなくなるようなものです。

皮下脂肪を減らすためには、まずはしっかりと栄養バランスの取れた食事をし、同時に運動によってカロリーを増やすことです。まずは食べないと、体が飢餓状態になってしまって、ダイエットの停滞期に入ってしまいます。いったん停滞してしまうと、なかなか体脂肪が減少していかないことに。

皮下脂肪を減らす方法としては、食事量をある程度減らすことも、もちろん大切な要素です。ですが、ここにばかり注目して、急激な食事制限をしてしまえば、前述したようにホメオスタシスが働いて、痩せにくくなるだけです。そうではなく食事量は腹八分目程度にしておいて、あとは筋肉を体につけていくべきです。女性は、ムキムキの筋肉にはならないので、どんどん筋トレしましょう。

筋肉が付いてくれば、基礎代謝量が向上するので、普通に生活しているときでも、ずっとカロリー消費量が多くなります。これと腹八分目の食事法を組み合わせれば、ダイエットで痩せれないということはないでしょう。さらに短時間の(こま切れの)有酸素運動を加えて、心肺機能を向上させれば言うことなしです。

皮下脂肪を減らすために、何時間もウォーキングに頑張っている女性がいます。そのわりに脂肪細胞が減っていかず、かえってお腹ぽっこりが目立ってきたりします。これは脂肪が分解しておらず、逆に脂肪が蓄積している証拠ですね。ストレスをかけてダイエットすると、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが、あなたの筋肉を分解して、それを内臓脂肪にため込んでしまうからです。

ふつうは女性の場合、内臓脂肪にたまりづらいのですが、慢性的なストレスによって自律神経が乱れ、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなると、内臓脂肪に蓄積する危険が出てきます。ですから有酸素運動はこま切れのほうがよく、それを積み重ねることが、ストレスをためないコツといえます。

皮下脂肪を減らすさいに、もっとも重要なことは筋肉や骨量を減らさずに、体脂肪だけを減らしていくことです。もしも筋肉まで減らしてしまうと、それが脂肪に変換されてしまいます。骨量を減らすと、ささいなことで骨折なんてことにもなりかねません。

当サイトで、健康と美容を磨きながら、体脂肪だけを効率的に落としていくダイエット法を知っていただければ幸いです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)